若い方や定年を迎えた夫婦などにおすすめ

ここ最近、若い方や定年を迎えた夫婦などの間で田舎へ移住し、農業を始めるという方が増えてきています。

田舎へ移住する目的や理由などには、長年の夢であった農業を始めてみたいという理由や、定年後は田舎で夫婦二人きりのんびりと過ごしたいという理由、その他には自然豊かな環境の中で子育てをしたいという理由、農業を行いながら自然豊かな田舎で自分らしい生き方を見つけたいという理由など様々あります。

田舎で農業を始めたいという方々の為に、それぞれの都道府県や市町村などで様々な支援が取り組まれています。

それぞれの都道府県や市町村などによって詳細は異なりますが、行政による支援が取り組まれている市町村などもありその際、農業への就業支援や住宅や土地などの取得助成、空き家の情報や提供、移住体験ツアーなどが行われています。

また、農業を始めたいと考えている方を応援する新規就農者支援制度という支援を行っている市町村もあり、指定された市町村での新たな農業参入希望者に対して支援金助成が支給され、初めの一年間は月額10万円が支給され、二年目の一年間でも月額7万円が支給される市町村もあります。

新規就農支援制度の支援は様々な市町村で取り行われていますが、支給額や支給方法などは市町村によって異なりますので、農業参入希望者の方は農業を取り行う市町村での確認が必要となります。

このような支援が取り組まれる事によって、より多くの方々が田舎へと移住しやすくなり、また農業に新規参入しやすくなっているのです。

このような行政による支援活動は、移住希望者の方だけにメリットがあるように思われがちですが、移住する市町村にとっても大きなメリットがあるのです。

支援活動を行っている地方のほとんどの市町村では、人口の減少に伴い、少子高齢化や雇用不足などといった問題が様々な地域で起こっています。

ですので、都会から多くの方々が移住する事によって、人口の減少傾向へと向かっていた過疎地域の市町村にとっては、地域の町おこしや、生産力の向上、農地再生などといった地域活性化に繋がり大きなメリットとなるのです。

ですが、田舎で農業をしながら自然豊かな環境で生活を送るという事が、移住者の方々の希望や憧れだと思いますが、理想と現実は少し異なるといったところが本音かもしれません。

同じ日本でも各地域によってそれぞれの風習やしきたりなど文化の違いがあります。

移住者の方は、その地域の文化や風習などを理解し受け入れる事が出来なければ田舎暮らしは成り立ちません。

また、田舎に住んている住民の方々は人付き合いをとても大切にしています。

人口が少ない分、住民同士の繋がりはとても深くお互いに助け合いながら生活をしているのです。

ですので、人と関わりたくないと思っている方や、人付き合いが苦手という方には田舎暮らしはお勧めできません。

田舎への移住を希望している方は、移住したい地域をきちんと理解した上で移り住む事が大切です。

ご自身に合った田舎を見つける事が出来れば、最高な生活を送る事が期待できます。